2019年10月31日

京都新聞 寄稿:大久保利通 茶室「有待庵」歴史的価値と保存を考える(2019/06/13付)

2019年6月13日(木)、京都新聞 朝刊 文化8面に掲載頂けた寄稿を改めて下記に記します。

京都新聞 寄稿 御花畑絵図と符号 2019年6月13日(木).png

 

大久保利通 茶室「有待庵」歴史的価値と保存を考える」

 

京都市が移築保存の方針を示している大久保利通の茶室「有待庵」(京都市上京区)について、先月上旬に現存を確認した歴史研究者の原田良子さんに「発見」の経緯や、茶室の来歴について寄稿してもらった。

 

筆者は5月9日、京都御苑に沿って寺町通を北に向かっていた。石薬師通でふと右手に目を向けた時、かねてから研究対象にしてきた幕末期の大久保利通旧邸跡敷地に工事が入ろうとしていることに気づいた。現場監督の許しを得て敷地奥の庭に入ると、そこには風雪に耐えた茶室「有待庵」の姿があった。維新の現場が突然目の前に現れた瞬間だった。

 

解体直前に発見

しかし、茶室入口には廃材が積まれ、いつ取り壊されてもおかしくない状況。かろうじて開けることができた小窓から手を差し入れてスマートフォンで内部を撮影し、構造を確認する。大久保家に伝わる古写真の記憶をたぐり寄せ、有待庵そのものであることを確信した。

 大久保家より 有待庵.jpg

 (大久保利泰氏ご提供)

 

ただ現在は個人の住宅。「とにかく保存を」との気持ちを抑え、文化財保護に理解のある有識者らに連絡して最善の方法を模索し始めた。翌10日には市文化財保護課へ相談に行き、20日の現地視察の約束を取り付け、最終的には所有者のご意向で、市による保存活用の道が開けた。

 

命名の由来

大久保利通は1866(慶応2)年春から68年6月までの約2年間、この茶室のある石薬師邸に居住し、藩邸外での政治活動拠点となった。維新後にはいったん大久保家の手を離れたが、利通の三男利武(1865〜1943年)が大阪府知事時代の1914(大正3)年に買い戻す。翌年から昭和初期にかけては、利通に関わる史跡として広く知られ、地元名士や文人、維新関係者らによる見学会が催された記録も残る。

 

1942(昭和17)年に行われた利武氏の講演会の記録『有待庵を繞る維新史談』(昭和19年 同志社刊)によると、薩長同盟締結後の1866年春以降、この屋敷では薩長の密談が盛んに行われていた。利武に招かれた維新関係者も屋敷や茶室の思い出をいろいろと語っており、薩摩出身の軍人大山巌(1842〜1916年)は1915年に石薬師邸を訪れ、西郷隆盛の護衛役だった当時の同邸をめぐる記憶を振り返っている。

 

有待庵は北、西、南の三面が障子戸という開放的な造り。密談の際、周囲の動向が分かるよう構造を選んだと思われる。利通の逸話を集めた「甲東逸話」(勝田孫弥著)によると、南隣の家も藩士潜伏宅として利用されており、庭を介して行き来できたという。

 

講演録によれば「有待」とは、「ただ待つのではなく、いつ敵が来襲してもいいように準備すべし」と解釈される孫子言葉。利通が当邸にいるに知人に揮毫したと伝わり、後に茶室の名称となった。

維新史談.png

 (大久保洋子様より寄贈頂けた『有待庵を繞る維新史談』

 

消えた茶室

講演録には、この茶室は薩長同盟の舞台「御花畑」の茶室を移築したと記載されている。御花畑とは、五摂家筆頭近衛家別邸の呼称で、当時は近衛家と姻戚関係にある島津家薩摩藩家老・小松帯刀の寓居だった。その場所は長年不明だったが、2016年5月、筆者は1871(明治4)年に近衛家が京都府に届けた文書と敷地見取り図を府行政文書から発見し、その所在地とその規模が判明した。その後に初公開された「御花畑絵図」(鹿児島県歴史資料センター黎明館蔵)から屋敷の詳細もわかり、府の文書には記載のない二つの茶室が描かれていた。

IMG_1863.JPG

 (茶室の記載がない京都府行政文書)

 

先月20日の調査によって、有待庵は、柱の痕跡などから移築されたものであることが確認された。御花畑絵図にはあり、明治初期の文書では消えていた茶室が移築されたのではないかー。さまざまな傍証から、筆者は、絵図の北側(右下)にある小さな方の茶室(以下、北茶室)が解体され、大久保旧邸の間口の狭い町家の奥庭に合わせて改造され、有待庵に仕立てられたと考えている。

北茶室 御花畑邸絵図模式図.jpg

(下 ↓ が北を指す、右下の〇で囲んだのが「北茶室」)

 

■特殊サイズの建具 再利用か■ 

北茶室には「台目畳」(大目畳とも表記)という長辺が通常の4分の3サイズの畳が複数使われている。その結果、相関関係図の「ア」や「イ」のような特殊な長さの建具や壁が必要になる。一方、有待庵に台目畳は使われていないが、図の「ウ」と「エ」にこの大きさの障子戸が使われている。「ウ」は南端に板間を設けることで長さを調整し、「エ」は明障子で帳尻を合わせている。これらの工夫は、建材再利用の意図から出たものであろう。「ア」や「イ」にあったとみられる障子戸は、「ウ」「エ」の位置に転用されたと考えられる。

相関図 有待庵 敬天愛人.jpg 

 

■柱には移築の痕跡■

また、有待庵に使われている樹皮付きのアカマツの床柱には移築の痕跡があり、御花畑の床柱再利用されたと推察される。他方で今回の調査によって、昭和期に入ってからもたびたび手が加えられていたことが判明した。基本的な構造や、使用に耐える古材は生かしつつ、壁や屋根などは比較的近年に改修されている。

 

 以上のことから「薩長同盟」会談の目撃者ともいえる茶室が、有待庵に姿を変えて現存していてくれたと考え、間違いないだろう。保存の道が開けたこの茶室が移築・再建されて一般公開される日まで、筆者も微力ながら力を尽くせるよう有待の思いで準備したい。(原田良子)

 

※ 当研究は、平井俊行氏(京都府立京都学・歴彩館 副館長)にご教示を頂きました。
記事化には、京都新聞、阿部秀俊記者にお世話になりました。有難うございました。

 

posted by 原田良子 at 16:54| 日記

2019年09月18日

紹介(報道・講演・まちあるきツアー・ラジオ出演等はまだ未整理で反映できていません。随時更新致します)

原田良子(はらだりょうこ)京都市生まれ、元 小学校教員
プロフィール 原田.jpgまいまい京都 ガイド写真.jpg
■連載コラム(継続中)
朝日新聞「四季つれづれ」令和元(2019)年9月4日〜隔週で計5回。継続中
朝日新聞 連載コラム.jpg第2回目 20190918 朝日新聞 連載コラム .jpg
■論文
〇「薩長同盟締結の地「御花畑」発見」(西郷南洲顕彰会刊『敬天愛人』第34号2016年9月)
〇「西郷菊次郎京都邸宅(菊草の終焉地)について」(同『敬天愛人』第36号2018年9月)
〇「薩長同盟締結地「御花畑」発見とその後の研究成果」(京都地名研究会刊『地名探究』第16号2018年)
〇「西郷隆盛の娘 菊草の終焉地について」(同『地名探究』第17号2019年)
〇「西郷菊次郎 書簡の紹介(史料紹介)」(西郷南洲顕彰会刊『敬天愛人』第37号2019年9月)

■寄稿
〇京都新聞「『御花畑』室町通に正門か」(2016年9月)
〇霊山歴史館「維新の道」No.167「薩長同盟締結地「御花畑」発見」」(2017年10月)
〇霊山歴史館「維新の道」No.171「京都の薩摩藩「岡崎屋敷」発見(2018年10月)
〇JRグループ「ジパング倶楽部」2018年元旦号 西郷どんの京都を歩く 特集(2018年1月)
〇火の神「西郷隆盛のひとり娘 菊子」(近畿枕崎会会報誌2017年)
〇火の神「西郷菊次郎京都市長時代の邸宅(菊草の終焉地)発見」(同 2018年10月15日)
〇産経新聞「明治維新裏話 西郷菊次郎 受け継がれた敬天愛人」(2019年3月19日)
〇京都新聞「大久保利通茶室「有待庵」歴史的価値と保存を考える」(2019年6月13日)
■シンポジウム
〇明治維新150年記念 薩長因備シンポジウム(2018年4月8日 会場:鳥取県立博物館)
(鳥取歴史振興会 主催)
〇魁!山国隊の歴史を紐解く〜明治維新から現代まで(2018年9月9日、会場:二条城)
(京都市右京区役所京北出張所・花園大学 主催)
〇薩長因備シンポジウム(2019年6月23日)
(鳥取歴史振興会 主催)

■対談・鼎談
〇第3回 世界連邦文化教育推進協議会 
(原口泉氏(志學館大学教授・鹿児島大学名誉教授・鹿児島県立図書館館長)と対談)
〇大政奉還150周年記念スペシャル対談「歴史の「現場」を目撃せよ」(佛教大学広報誌「B−ism」No.14 2017年6月)
(青山忠正氏(歴史学部 歴史学科教授)・渡邊秀一氏(歴史学部・歴史文化学科教授)と鼎談)
〇産経新聞創刊85周年 対談 鹿児島の歴史を愉しむ(産経新聞2018年3月)
(原口泉氏(志學館大学教授・鹿児島大学名誉教授・鹿児島県立図書館館長)と対談)

■歴史番組出演
〇KTS特別番組「時代は御花畑から始まった〜薩長同盟150年は問いかける〜」(2016年)
〇MBC「ど〜んと鹿児島 幕末温泉」(2017年)
〇BS−TBS「高島礼子・日本の古都〜その絶景に歴史あり」(2017年)
〇TBS「林修の歴史ミステリー」(2017年)
〇BS朝日「京都ぶらり 歴史探訪」〜西郷どん 都に残る足跡〜(2018年)
〇BS−NHK「英雄たちの選択」♯136 幕末秘録・薩摩の黒船事件 調所広郷 命をかけた秘策(2018年4月)
〇BS−TBS「にっぽん!歴史鑑定」#162 西郷と龍馬・薩長同盟の真相(2018年6月))
〇KBS「京都浪漫 悠久の物語」明治維新150年〜都を駆け抜けた英雄・坂本龍馬(2018年12月)
〇ABC「キャスト」偶然発見!薩長同盟密議の茶室・・歴史を残す古都の取組(2019年6月)
■(報道・講演・まちあるきツアー・ラジオ出演等はまだ未整理で随時更新致します)
posted by 原田良子 at 08:26| 日記

2019年09月04日

有待庵の移築保存のための解体について(有待庵は破壊されていません)

大久保利通の茶室「有待庵」は、所有者のご意向(ご厚意)で京都市へ寄附譲渡がなされ、市有化としての道が開けたことは大変喜ばしいことと以前からお伝えしていました。

 

そもそも、有待庵は個人所有の物件であり、取り壊し寸前での調査等は工期を延ばしてもらう必要があり、それはそのまま所有者の金銭的、心理的負担となることは誰でも理解できることです。そのような中、移築作業にむけて一週間の期間所有者のご厚意、施工業者のご配慮によって設けられました。

 

有待庵の現存確認ができた令和元年5月9日(木)から一ヶ月も経たない中での移築保護決定は、京都市およびその関係者のご尽力の賜物だと筆者は考えています。

 

多くの皆様の善意のおかげで、有待庵は消失せずに済みました。

有待庵 5月20日.jpg

 (令和元年5月20日(月)京都市による調査日に筆者撮影)

有待庵 模型1.jpg

 (有待庵の内部模型、筆者:監修/田畑氏:作成)

 

6月3日(月)大久保利通旧邸跡で有待庵の移築保存の為の解体工事が行われました。

専門家の調査を経て行われました。

 

しかしながら、この解体について、同日、ある団体の代表であり大学 非常勤講師の方が京都市に抗議書が提出されました。

そして、その全文が当事者によりツィッターで全世界に晒されシェア数も100以上を超えました。(註1。最後に記述)

 

いわく「有待庵の解体は『破壊』である」と。

ちなみに、有待庵の現存確認の初報直後には、抗議文筆者により京都市に提出された要望書では「解体移築」を提案されていました。

 

ここで、私なりの見解を述べます。

まずは、市は抗議書を受け、6月10日に回答書を出されました。私は京都市の情報公開制度を活用して、回答書を請求し取り寄せました。回答書は決済を経た公文書であり、手続きを踏めば取り寄せることが可能です。

そうしたのは、市からの回答書が抗議文筆者へ提出された後も「有待庵は破壊された」とするツイートが抗議文筆者により続けられ、「破壊なのに保存されたと喜んでいることに違和感がある。」など、尽力者を貶める内容もツイートされ、
有待庵保護に人力されたすべての方を不快にさせるだけでなく、有待庵は破壊されたとする情報が拡散されていたからです。

モザイク 市からの回答書.JPG

以下、回答書の概要を三点にまとめました。

●京都市は「有待庵」所有者の意向を最大限尊重して進めていること。

●6月3日からの作業は、複数人の建造物専門家に「有待庵」を確認してもらい、部材の腐朽や後年の修理状況等についての御意見を踏まえ、抗議文筆者が最初に主張していた解体移築という手法が最も望ましいと判断し、移築を前提とした解体作業を慎重に進めた。

●今後も、多くの人の理解、支援のもと所有者の意向を踏まえて歴史的な価値がある「有待庵」を保存・活用していく。

 

京都市は、複数の建造物に関する専門家の確認の上で最善手として解体移築を判断しています。

筆者も、複数の専門家にご見解を尋ねたところ、重要文化財であっても解体されることがある、今回の場合、曳家工法(そのままジャッキアップして移動させる工法)では、かえって部材を破損させたであろう、との見解を頂きました。

 

つまり、今回の解体は「破壊」ではない。との専門家の見解です。

 

以上、多少関わった筆者の私見に過ぎませんが、
何よりも大切にしたいことは、有待庵は、皆様の善意で失われずにすみました

私は感謝しかありません。本来なら消失していたのですから。。

 

正しい情報をこれからも伝えていく所存です。

 

9月2日、京都市は有待庵の移築に係る構想・設計業務委託に係る公募型プロポーザルの実施についてホームページ上で明らかにされました。

思いのほか迅速に事が動いています。9月17日まで提案者を募集し、その後、提案者決定、来年2月末日までに具体的な提案書作成というペースです。令和2年度以降、近いうちの復元移築がみえてきました。

 

緊急、かつ時間のない中で、関係者が一丸となって、移築保存の為にベストを尽くして下さった結果と捉えています。

改めて、感謝です。

 

原田良子 


註1:抗議書には、何故か筆者の個人名と所有者個人の具体的な行動が記述されています。このような抗議書は当事者と市との間でなされることであり、個人の具体的行動を抗議書とむすびつけて取り上げ、全方位へとツイートで晒すことは異様な事態といえます。それは、個人への誤解を生む行為であり、社会的ハラスメントである。との専門家の見解を頂いています。
尚、筆者は、有待庵を見つけられ、現存確認ができた当日に信頼できる有識者へと連絡し、最善の道を模索しはじめ、翌日に市文化財保護課へ相談に伺った経緯から関わりましたが、個人の所有物である有待庵の仲介者でも窓口でもありません。筆者に頂けた有待庵についての連絡等はすかさず市文化財保護課へとつなげています。(記録済)
抗議書全文が晒された後、SNS上では「有待庵は破壊された。」「破壊なのに保存されたと喜んでいることに違和感がある。」等、有待庵は破壊された。と捉えられた方々の投稿が多く見られました。
市からの回答書は受け取られたにも関わらず、そちらはツイートなどで公開されませんでしたので、誤解が広がっていくばかりでした。
また、回答書により事実が判明したにも係らず、まさに京都市の公募型プロポーザルの実施公示の9月2日、そして報道された後の9月4日付の公開ツィートには有待庵関係者と特定できる方々に向けてこう書かれていました。
「有待庵破壊を保存とごまかしたやつを忘れへんからね。」(9月2日午後11:20)
「有待庵問題は脳天気かウソつきな人間が関わりすぎてて不快感極まりない」(9月4日午前9:18)
「ここで有待庵問題を御花畑な人間がと述べるとシャレが効いていたんやけどな。」(9月4日同上)
侮辱ツィート 2.PNG 侮辱ツィート 1.PNG 
このように特定できる相手(=有待庵保存へご尽力下さった磯田道史先生、平井俊行先生、市長、市文化財保護課担当者や関係者全員)への侮辱をまた全方位へと晒された中傷は耐え難く、本当に残念です。
ご厚意で京都市へ寄附贈与くださった所有者のお気持ちも考えるといたたまれません。
そもそも、有待庵を見つけられ、尽力下さった関係者皆様のおかげで有待庵は失われず移築保存の道が開けたのです。
昨今、SNSでのいじめ問題、子ども達の自殺増加が社会問題となっています。このような恫喝に等しい侮辱は許されないと良識を信じたいです。毅然と対処していきます。
また、このような投稿に、いいねやリツイートをされている方(お仲間や女性も)がいらっしゃる事にも多くの方が驚愕されています。侮辱に加担されていて残念ですね。

最後に、このような誹謗中傷 ツイートはSNSハラスメントである。と指摘される長崎大学 深見聡准教授のご見解も添付いたします。

モザイク入 深見先生ツィッター.JPG

 「ネットは紙の雑記長ではない。このようなツイートを全世界に発信することで関係された方は当然不快になりますし、
ご本人の品位も落とされることになるものと思料いたします。特に受け手の名が秘匿されても関係者が特定可能な場合はSNSハラスメントが強く疑われますね。残念です・・。」

ご理解頂けていることが心強いです。
今回の関係者の努力と尽力が報われることを一番に願って、気持ちを強くもち、今後も見守っていきたいです。

 最後まで読んで下さり、有難うございました。


◆お問合せフォームはこちらから ↓

 

posted by 原田良子 at 08:16| 日記